KIKUMIMix 呼ばれなくても飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん

308月/030

レーレーシー

Aっくんにはあまりウケなかった人形 先日岐阜へ行ったとき、ダンナの叔母さんの部屋に泊めさせてもらったのだが、暇だったので本箱をあさってみたら1、シュタイナー教育のエッセイが出てきた。この叔母さんから、いらなくなったシュタイナーのおもちゃをいくつかもらっていたので、どんなもんじゃらほいと思って、ちょっと読んでみた。
 時間の関係で前半しか読めなかったが、著者がアメリカでシュタイナー教育を実践している幼稚園に子供を入学させたときのエッセイで、そりゃもうステキなご様子であった。ワタシは遠慮しとくけど2
 でもまあ、半分物語を読むような心構えで読んでいく中で、ひとつだけ、なんちゅーか残る部分があたのだ。
 そこでは「怒鳴る」ということがないのだそうだ。変わりに子どもを叱らなくてはならないような場面では、「レーレーシー」の音階で、子どもの名前を呼ぶのだと。


 Aっくん、あと3ヶ月で3歳の生意気盛りは、最近悪いことをしてたり、都合が悪かったりするときは、誰かに呼ばれても気づかないフリ、あるいは無視をするのである。おかげで振り向くまでどんどん怖い声になり、怒鳴るように呼んでもまだ振り返らなかったりすることがあり、そんな怒鳴っている自分がイヤになったりしていたのだ。
 そこで、あくまでも自分が怒鳴らないようにするため、という位置づけで、「レーレーシー」を実践してみることにした。呼んでも無視して遊んでいるとき、一息おいて「あ〜○〜○〜」と呼んでみる。
 するとですね、今まで完全に無視を決め込んでいたAっくんが、ひょいと顔を上げるじゃないですか。「なぁに?」なんて聞いてくる。
 最初は珍しい呼び方だからかと思っていたんだけど、その後2週間ほど続けているが、まだ効果が持続中である。こちらも怒鳴らなくてもいい分、気持ちが楽になって、わりと穏やかに接することができるようになった。
 これをきっかけにシュタイナー教育にのめり込む...なんて、性格的にありえないが、とりあえずこの「レーレーシー」はしばらく続けようと思うワタシである。

  1. 岐阜ではやることが全然ないので、一家全員でこういう行動に走るのです。よい子は真似しちゃいけません。 []
  2. 子どもは3歳までは胎児と同じという考え方の元に、室内を中心に穏やかに毎日を過ごすのだそうだ。穏やかなのもいいけど、ワタシは走り回っている子どもの嬌声も結構好きなので、多分こういう考え方は合わないのです。 []
Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

No trackbacks yet.