KIKUMIMix 呼ばれなくても飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん

1511月/030

ナイスバディの代償

う〜ん、どうかなぁ? 「子どもが好きになったものは親も本気で!」がスズキ家の家訓です。今決めたんだけど。
 とにかく、アバレンジャーは本気で楽しみにしております。ていうか、遊びのわかるオトナが作ってるっぽい感じがして面白いと思いますが、どーでしょう?
 本日静岡で放送のアバレンジャー「快感 アバレクィーン」の回で、リジェがナイスバディの大人の女性リジュエルになったわけですが、いやぁ、失ったものも大きいよねぇ、という話。


 失ったものはまあ、ぶっちゃけ、演技力ですかねえ。子どもリジェも「すっげー名演技!」ってわけじゃないけど、まあ子どもの役だからってのもあるけど、少なくとも「あちゃー」と思うほどヘタクソではなかった。もともとアバレンジャー以前のハリケンジャーをたまに見たとき、すべての出演者の大根っぷりに総毛立ってしまいまともに見ることができなかったっちゅー前歴があるので、まともに見ている分、アバレンジャーの出演者の演技力は最低ラインは超えてると思うのね。
 そこへリジュエル役の彼女、まあ初回のせいもあるだろうが、表情硬いし、笑い声まで棒読みだし、ダンナと顔を見合わせて「あちゃー」って言ってしまいました。
 その上、せっかく「ナイスバディになった」という設定なのに、衣装のデザインのせいで「おっぱいボン!」が目立たないし。もっと谷間を強調して、子どもに付き合って仕方なく見ているお父様方を喜ばせることに徹してはどうか!その辺どうなのか!彼女は本当にないスバディなのか1!ハッキリしてもらいたい!!
 なんて息巻いている親の隣で、Aっくんは「カ・イ・カ・ン」という彼女のセリフがお気に召し、時々思い出したように「カイカン」なんてニッコリ笑いながら言っているのであった。...だいじょうぶか?Aっくん。

  1. 調べてみたが、バストサイズは載っていなかった。んが、ミスマガジンのセミファイナルまで残っているようなので、それなりのおっぱいは持っていると思われる。ていうか、何でワタシこんなに他人のおっぱいにこだわっとるか。 []
Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

No trackbacks yet.