KIKUMIMix 呼ばれなくても飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん

153月/040

電車の電話

このオバサンがマナーを云々してはいけない  電車の中の携帯電話が、ここまで嫌われるのはナゼなんでしょうね。
 正直言って、ワタシは携帯電話なんかより一部の高校生やおばさんどもの、大声での談笑の方がよっぽどヤだけど。まさしく今、それで迷惑を受けているのだが。1
 電車の中で携帯を使うと、ペースメーカーに悪影響を与える可能性がある、という理由で携帯電話の使用を控えるようにせよという理屈は理解できる。ていうか、自分は「それを理由に」電源を切っているし。
 でも、声高に怒っているヒトの意見では「マナー」の問題らしいのが、どーも納得いかない。
 電車の中で電話を使うのは「マナー違反」なのだ。多分大声で話すのもマナー違反なんだけど、禁止しにくいだけなのだ。携帯電話は「電源を切れ」っていう『行為で禁止』しやすいから声高になっているにすぎないと思うのだが、どうかッ!
 な〜んてマナーを理由に携帯電話を禁止しようといっているヒトに対する反論を考えていて、ふと思い出すことがあった。


 そういや以前、ウォークマンの「ヘッドフォンからもれるシャカシャカ音」も問題になったことがあるなあ。あれもマナーのモンダイとかいう言葉の元、メーカーのたゆまぬ努力でシャカシャカ音が減らされることによっていつの間にか問題視されなくなっていったアレ。確か耳ざわりだっちゅーのが理由だったと思うけど、ワタシは「じれったいから」だとにらんでいた。
 東京フレンドパークで、ベース音だけ流れている中、光るパッドをたたいてメロディを当てるというゲームがある。あのベース音のみのとき、「あ、あ、これ判る!なんだっけこれ!!」ってもどかしさを感じたことナイだろうか。
 シャカシャカ音には、そのもどかしさがあると思われる。しかもベース音より難しい。そして回答が得られない。ヒトによっては1日以上悩むであろう。ヒトに聞こうにも、シャカシャカしか手がかりがナイから聞くに聞けない。そして煩悶の結果、シャカシャカ音自体を憎むようになったのではないか...とワタシはにらんでいるのである。
 携帯電話の場合も、こちらからの声はイヤちゅーほど聞こえるが、相手の声は聞こえない。仕事のトラブルはまだしも、なんか怪しい興味をそそる会話もたまに。そう言うヒトはえてして周りを気にして小さい声になるから、いっそう会話の内容は聞き取りにくい。でもあきらかにナンかもめてる。くそ〜ナニ話してんだよ、気になるじゃね-か!!...ってことなんじゃなかろうか。
 要するに、携帯電話の話し声も、オープンにしちゃえばイイのだ。電車の中で飛んでる電波は全部視聴可能にしてしまえばイイ。それがイヤなら使わない、それでもよければ使うがイイさ。みたいなね。
 聞きたくもナイおばさんの噂話をこうやって聞いてるよりは、向こうの席のおねーちゃんが深刻そうに話してる内容が聞こえてきた方が、つまらない日常のスパイスにはなりそうだと思いつつ、なんとなく考えたので書いてみました。2

  1. JR東海道線に乗って、1時間のぶらり仕事旅なのです。隣のオバハンが座席に足を乗せて、ナオカツ大声でアキコサンだかなんだかの噂話をしておるのです []
  2. 電車内での携帯電話使用を擁護しているわけではありません。とにかく隣のオバサンの大声の会話がイヤなだけです。念のため。別に公共の場所で携帯電話の電源を切ることに異存はありません。ホント、オバサンの声がもう少し小さければこんなこと考えないッスよ。トホホ。 []
Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

No trackbacks yet.