KIKUMIMix 呼ばれなくても飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん

223月/042

電車のケショウ

名前の書いてある鏡でやるのはやめれ 電車の中で化粧しているネーチャンを、周囲のヒトが不快げに見つめ、最後に「こんなヒト、派遣しません」ちゅーナレーションが入る人材派遣会社のCMがある。1
 ワタシは快・不快ではなく「電車で化粧するのは恥ずかしくないのかなぁ」と単純に疑問に思うクチだが、本日見たものにはちょっと驚いてしまいました。


 いつものごとく、電車で1時間の旅が始まって10分ほど経た頃、ふと、斜め向かいに座ったオネーチャンが、カバンをごそごそあさったと思うと、化粧を始めたのである。割とおとなしい顔をした、まじめそうなオネーチャンだったので、そうくるとは思わずちょっと驚いた。
 鏡を左手に持って眼前10センチくらいにかざして、まあ小器用に化粧していくのだ。揺れる電車の中でリキッドのアイラインを描く勇気は、ワタシには絶対にない。が、彼女は見事にラインを引き、キリリとした目になったのであった。ブラボー。まじめでおとなしそうな女の子が、結構な美人になっていました。
 まあ上手...なんて感心していたのだが、なぜか彼女の手がとまらない。
 小さいポーチから、出てくる出てくる、3種類くらいマスカラが出てきて、2種類くらいアイラインを引く道具があって、5種類くらいのパウダーがあり、ビューラーまで出てきた2のである。それがどんどんどんどん目に塗られていく。
 まあ、目の化粧がうまくいったかどうかでその日の気分が違う人もいるらしいから、気合が入るのは判るのだが...。
 10分経っても20分経っても、彼女のアイメイクは終わらない。
 すっきりシャープになった目許は、まつげがダマダマのパンダ目になり始めていた。
 ちうか、ワタシも斜め前から相当ブシツケに見つめているのであるが、一向に気づく気配はない。ただいま、10センチ四方の手鏡が彼女の全世界なのであろう。
 おや。
 ようやく彼女の手が止まった。
 かと思ったら、携帯電話を確認し、ぽちぽちメールの返事をうって再びアイメイク。
 ...もうよしなよ。アンタの目、それ以上の化粧に耐えられる目力はないよ。
 そういってやりたいキモチが伝わったのか、ようやくアイメイク終了だ。次はアイブロウである。眉毛のできのヨシアシも1日の運勢を決めるらしいから、さぞかし気合が入るのであろう...と思いきや、1分で終了。...眉毛が目に負けてるよ、アンタ。
 あとは口紅塗って髪の毛軽く撫でて、しまいにゃじゃらじゃらと光りモノまで身につけ始めた。おまいはバックパッカーか。滞りなく身支度が完了したらしく、締めくくりはカレシに「もうすぐ着くよ〜」てなうっふん電話だ。
 ともあれ、所用時間40分の大作である。ほとんど面影もなくなった。心の中で「ビルドアップ!」とホメタタエたスズキであった。

  1. 電車ネタが続きますが。電車の中が暇なのでいろいろ考えてしまうのです。 []
  2. さすがのワタシも、ビューラーを電車の中で使うのは反対です。だってビューラー使ってるときのカオって変ジャン。 []
Comments (2) Trackbacks (0)
  1. 大爆笑させていただきました(^○^)
    化粧・・・確かに「へんっしんっ」か「蒸着ッ」っていう感じの女性っていますね。
    周囲に不快感を与えないよう、心がけつつ「頑張って」欲しいと思います。

  2.  ワタシは電車の中で頑張るどころか、家で鏡の前にいてもアイラインって引けないのです。なので、実はアイラインを上手に引いているのを見ると、ちょっと拍手したくなってしまうのですね。
     職人芸に達した技であれば、ワタシは歓迎です。頑張れ、電車でお化粧ネーチャンズ!


Leave a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

No trackbacks yet.