KIKUMIMix 呼ばれなくても飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん

67月/040

卒業

ワタシの近くにあるけれど、もうワタシのものじゃないクリさんの姿 シグさんとPC(Outlook)とINFOBARの強力タッグによって、USBポート争いに破れ、次第にクレードルに置きっぱなしにされることが多くなったクリさんが、会社の隣の席のKさんにお嫁入りしました。オエカキには重宝なんだけど、『モノは使ってナンボ』思考のワタクシとしては、使ってくれる人のトコロヘいくのは幸せと思うので。そういうわけで、クリさん卒業です。今までありがとう、クリさん。
 なんちゅー母の事情を知ってか知らずか、Aっくんもあるものを卒業しつつあります。
 アンパンマンであります。


こんなに集めたのに... まぁ、2月にデカレンジャーが始まって以来、すっかり夢中になっていたAっくん。少しずつアンパン離れが始まっていた気配は感じていたけど、それでもアンパンマンの指人形とデカレンジャーロボを戦わせるなど、出番は多少残っていたのだ。多分、アニメと実写の決定的な違い『絵本』がアンパンマンを支えていたと思われる。登場キャラが多いのも、図鑑系絵本の力の源であった。
 そこへ、ポケモンがやってきたのだ
 アニメで登場キャラが多い、おもちゃも多い。...完全にかぶってる。
 しかも、ポケモンには最強の動機付けがあった。ヤツラ、進化するのである。アンパンマンのキャラクターは、よく言えば馴染みがあり、よく言えば進歩がない。1
 Aっくんも4歳に迫ってきて、そろそろ「いつもと同じ安心感」よりも、「昨日と違う今日のワタシ」を好むようになり始めている。変化のないアンパンマンよりも、今日進化するかもしれないポケモンの方がよくなってきたらしい。
 ちょっとさびしく思いつつも、ヒトカゲがリザードンになる回のビデオを探してきて、Aっくんを説き伏せてまで借りてくる2ワタシも、きっとアンパンマンを卒業してしまったんだろうと思う。さらばじゃ、アンパンマン。

  1. 最近アンパンマンが顔が汚れて力が出なくなっても「みんなのために最後まで諦めないで戦うんだ」とか言って、ばいきんUFOのハンマーを頑張って止めている描写が多いのだが、これは進歩と言うより退化であると思う。このせいでゲストキャラが全然活躍できず、全体の印象として『いつもと同じ』感がさらに強まっているのである []
  2. そういえば、アンパンマンのときもロールパンナが生まれる回や主要なエピソードの回を、Aっくんの意見を聞かずに借りてきたりしたものだ。親が率先してハマル。それがスズキ家の育児である。 []
Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

No trackbacks yet.