KIKUMIMix 呼ばれなくても飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん

37月/050

SCHWINM STINGRAY 16

カッチョいい〜! Aっくんの自転車買いました。
 当初の予定では、ワタシのイトコの子どもから譲り受けたお下がり自転車を使うことになっていたんだけど、先日その自転車を持ってきて、補助輪をつけてAっくんを乗せてみたところ...。
 Aっくんがしきりに「おシリが痛い」と言うデスよ。どうやらサドルが細くてお尻に食い込む模様。こりゃサドルを変えてあげた方がいいかな...と悩んでいると、だんなが「あの自転車、ゆがんでるぞ」と言うジャナイデスカ。おーい。


 もともと自転車に乗せようと思ったのは、半分Aっくんのリハビリが目的だったのです。
 2歳の頃の病気の後遺症で、左足にほんの少し麻痺が残っているAっくんは、現在リハビリの装具をつけたりして訓練中です。その訓練の先生から、「自転車は脚を曲げる・伸ばす・力を入れる・抜くという一連の動作があるので、リハビリにはとてもヨイですよオカーサン」と言われていたので、身長が100cmに達するや否や、16インチのお下がり自転車を引っ張り出したわけです。
 なのに、歪んでおる自転車では、正しいリハビリにならないジャナイデスカ。変なクセがついちゃったらどーするでございますか。
 というわけで、本日、トイザらスへ行って見てきました。
 が、当のAっくんは、どうも他のおもちゃが気になって気もそぞろ。3,4台試してみたけどどーも「気に入ったッ!」という感触を得られず、父母的にも「気に入ったッ!」という感触もなく、なんとなく「近くの自転車専門店も一応見ようではありませぬか」というカンジで締めくくったのである。
 近所の自転車専門店は、最近移転したばかりで、元々こだわりのカスタム自転車が置いてあったりして「ムム。おぬし、なかなかやるな!」というカンジの自転車屋だったのである。
 そこで、ワタクシの目は、一台の自転車にクギヅケになったのであります。
 カ、カッチョエエ〜。
 子どもの自転車とは思えない、ちょっとイージーライダーチックなカッチョエエ自転車が飾られているではないですか1。タイヤも補助輪も太くてちょっぴりファンキー。ダンナを呼んでくると、もともとバイク好きのダンナもお気に召した模様。
 トイザらス自転車平均価格の2.5倍のお値段が気になるけど、それを出してもイイと思わせるぐらいに夫婦揃って気に入ってしまったデスよ。
 Aっくん本人は、他に面白いものがありすぎて2どーでもよさげなんだけど、どーでもいいならこれでいいか(笑)という気配まで流れ始めるスズキ家。しばらく思案の挙句、言っちゃいました。「これください」
 親ばかっちゅーか、親の好みの押し付けっちゅーかビミョーなとこですが、レジで待ってる間に「うわー。あの自転車カッコイイ〜」と、別のお客が囁きあっているのを見て、ちょっぴり嬉しいワタクシ。
 どーでもよさそうだったAっくんも、家に帰って実際に駐車場で乗ってみて、パパとママがしきりに「カッチョイイカッチョイイ」と言っている自転車が自分のものであることが実感できたのか、しきりに乗りたがっておりまして、とりあえずリハビリのために自転車に乗せるという目的は達成できそうであります。
 パパとママの自転車を2台足しても買えないほどのAっくん自転車、今後の活躍が待たれます。

  1. ちなみに普通の大人用もある模様。ていうか、有名なメーカーですか? []
  2. 2階の自転車を上げ下げするために、階段の横にスロープがついていて、それがさながら滑り台のようだったのであります。その上自転車が所狭しと置いてあって、ゴチャゴチャ感にAっくん大コーフン状態。 []
Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

No trackbacks yet.