KIKUMIMix 呼ばれなくても飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん

33月/100

無機物的愛憎劇

前回浮かれた記事を書いたようにメガネを新調した訳ですが、あまりかけておりません……でした。
というのも新しいメガネは、かなりツルのシッカリしたお堅いタイプで、長時間かけ続けているとコメカミあたりが結構キリキリくるのよね。ホント、前のカレシは細くて柔軟でこっちに会わせてくれたのに、何だかやりにくいわ、モウ!
というわけで、相変わらずメインは元のメガネで、サポート的に新しいメガネを使っていたわけです。

ところが昨日、テレビを見ていたらメガネがやけにズレる。歪んじゃったのかな、と思ってメガネを外して見ると、なんか変だ。

ついでに耳のあたりもなんか変だ……って、耳に手を当ててみると、ツルに手が当たった。……?

 

ツルが切れてる……( ̄◇ ̄;)
これは、「オレというものがありながら、新しいメガネを買ったな!いいよいいよ、オレ壊れてやる!!プチン! 1」という昔のカレシメガネの嫉妬としか思えないではないですか。ワタシの中ではまだまだ君がメインだったのに、なんて早まったことを……(´Д⊂ヽ

というわけで、否応なしに新しいメガネ生活が始まったわけだが、こういうことがあると思い出す。
新しいマックを買うと、古いマックが壊れるの法則。

特にOS9までのMac愛好家の方は耳にしたことがあるかもしれないが、Macintoshは新しいキカイを買うとヤキモチを焼いて壊れる、という都市伝説がまことしやかに流れたことがあった。何?聞いたことない?いや、そんなことない。私の周りは皆そう言ってる! 2
要するに、Macintoshというのは、以前とてもフレンドリーな機械だった。雰囲気的には「文句は多いけど頭のいいお友達」みたいな感じ。 3 そのあまりのお友達的な振る舞いゆえに、LazyNecintosh User's ManualというMacを猫に見立てたサイトを作ってしまったくらいである。

そんなカワイイカワイイMacだが、やっぱり新しいマシンが出ると欲しくなるのが人情。
ついつい新しくいMacを買ってきて、「さあ、お友達が来たよ~」なんてホクホクして並べるわけだけど、そうすると示し合わせたように、古いマシンがガチャピーンと壊れちゃうのだ。私、2回経験したから間違いない。あれはヤキモチだ!

な~んて言うけど、実はWindowsでも同じような経験をしたことがある。
だけど、Windowsの時はヤキモチだなんて思いもしなかった。「あ、壊れた。新しいの買ったあとで良かった~」ぐらいにしか思わなかった。要するにWindowsというPCはとてもクールなヤツで、言われた仕事を淡々とこなす本当の「ツール」であって、間違っても「オトモダチ」ではない。そういうことじゃないかと思う。

そんな昔のMacintoshに似たヤツと、最近私はお付き合いしている。
iPhoneだ。 4
最近メモリ不足とかでよく落ちるようになって以来、ますます昔のMacっぽく、再起動をするのさえもなんだか懐かしくてうれしい。
そんな私が、最近ちょっぴり心配していることがある。

私……iPadを狙っているのです。
iPhoneがこれだけ昔のMacintoshに似ているということは、ひょっとして……。

い、いやいやいやいや、キカイがヤキモチ焼いて壊れるなんてことがあるわけがないじゃないか!はっはっは!!!(冷汗)

  1. ブチ切れた音ではなく、ツルが切れた音 []
  2. 自分の周りで2人が同じことを言うと「皆」と言い張るの法則 []
  3. 最近のMacintoshは実は使ってないので分からないんだけど、ぱっと見、洗練されすぎて「オトモダチ」というよりも「頭のいいプロフェッショナル」的な感じかなぁという気がするのですが、如何に? []
  4. といっても実は旦那がiPhone 3GSに機種変して不要になった3Gをもらっただけなので、Phoneではない状態でWiFiのみで使っているエセiPhoneだが []
Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

Trackbacks are disabled.