KIKUMIMix 呼ばれなくても飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん

268月/112

夏、自転車に乗る時に最適なパーカーを考えた

おいっす!
いきなりですけどね、先日、自転車でダイソーに行ったッスよ。うちからだいたい20分ぐらいガッツリ漕いで行くぐらいの場所なんですけどね。家を出て2、3分したころ、 突然気付いたのですよ。帽子をかぶってくるのを忘れたことに。

実は先日そのダイソーに行った時、やっぱり帽子をかぶらないで行ったのですね。すると、翌日何やらつむじあたりが痛い。頭皮が日焼けしちゃって痛くなってんですよ。この年齢になってくるとですね、女子でもいろいろ頭皮についてはモゴモゴ考えることがあるわけで、「これはいかんな、外出するときは帽子必須だな」と反省したにもかかわらずこの体たらく。ああ、ていたらく。
一瞬帰ろうかどうしようか躊躇したものの、あまりに激しい夏の日差し、1回家に帰ったら間違いなくもう行くのがイヤんなっちゃうよ。というわけで足を止めずに漕ぎ続けつつ、ふと、上に着ていたパーカーの フードをかぶることを思いついたわけです。多少怪しい風体にはなるけれど、つむじの日焼けには代えられぬ。髪はなが~いお友達だもの!

というわけでフードをかぶってみたところ……ふわぁっと、私の首筋をさわやかに駆け抜ける一陣の風。
な、なに!?このステキな風!これは、恋!?

てかね、フードをかぶったことによって、背中にフードがもにょもにょっとなって暑かった分が軽減されただけではなく、フードに空気が侵入して、一番暑さ寒さも彼岸まで感じるという首筋を風が通っていくため、すごく涼しく感じることに気がついたのですよ!すわ!世紀の大発見!!

ただ、これにはちょっと問題があります。1 というのは、激しく漕いだ方が空気がたくさん入ってきて涼しいのですが、あまりに張り切って漕ぎすぎるとフードが空気を含みすぎて外れてしまうのです!!ガガーン!!
かといって、 パーカーのフードについているヒモを引っ張って顔にフードを沿わせたら、空気が入ってこなくなってしまいます。そもそもこのヒモは「フードのフチから空気を入れないために存在するもの」と思われますので、このヒモを活用することは愚の骨頂!我、敵の策略看破ったり!!

じゃあどうすればいいですかね?
という問題があるわけですが、いろいろ考えた結果、孫悟空の頭の輪みたいなのをフードの上からつけたらどうかと私は考えた。それで、2、3秒お経でも唱えてキュッと締めといたらきっとイイ感じ。うん。
でも問題は、いまここに孫悟空の輪がないという一点につきます。
私は今困っている。その解決策は孫悟空の輪である。しかし今ここに孫悟空の輪はない。ではどうする?

いっぱい、いっぱい、カンガエマシタ。
ワタシノアタマ、フルカイテン。ジテンシャコグアシモ、フルカイテン。

で、考えた挙句孫悟空の輪の代わりに、汗ふき用に持って来たタオルを使うことを考えた!
つまり、こう!

 

 

 

 

 

 

暑さは、ヒトを愚かにしますね……ε- (´ー`*)

  1. フードをかぶった見た目が怪しいというのはもはや問題点ではありません。ヒトの目なんか気にしてたら、大きな仕事はできないぜ!ボクちゃん! []
Comments (2) Trackbacks (0)
  1. もうね。なんて云っていいのか…ぶはははは!(T▽T)ノ_彡☆

    でもね。きっと、ハタチのアナタがすれ違っても、
    きっと、「イカスぜ。姐さん。」って見送ってくれたと思うわ(´∀`*)ウフフ

    • イカス姉さん、すれ違う人たちにガン見されてたんだけど、
      アレは皆「イカスぜ!」と言っていたのか(´∀`*)ソウカヨカッタ


Leave a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

Trackbacks are disabled.