tanabe.tv 禅駆動と対決する

IMGP5081.jpg去る1月の19日。*1

なにかと話題の「禅駆動」を譲り受けに、川崎に遊びに行ってきました。

たしかこの頃はまだ、カゼが治りきってなかったと思います。

ある意味テロです。もしくはセクハラ。

いやいや。

僕の住んでるトコから川崎まで、片道でおよそ180キロ。

道中の慰めにiPodを持って出かけたつもりが、ポケットに入っていたのは何故かニンテンドーDS。

しかもゲームソフト無し。

何なんでしょう、このエナメルネイビーの役立たずは。

あまりにヒマなんで、ウチの息子の連絡簿の事*2をぼんやり考えたり、ドルが安いから何か買って押入に隠しちゃおうかなーとかドリーミーな事を企んでみたり。

気付いたら迷子です。


で。

無事に保護され事なきをえたんですが、その際、初めてお会いしたtanabe.tv(=タナベさん)という方。

あまりにイメージ通りでびっくりしました。

具体的にはですね、tanabe,tvによく見られる『!』の感嘆符。

まさに、そんな口調で喋る人でした。握手したい。


ってそんな前フリはどうでもいいんです。

禅駆動。

ちょっとあり得ないくらいの高評価じゃないですか。

普通にジェラシーとか覚えてしまいます。

つっても僕、ここ1年くらいなんも工作してませんし。

こないだ買ったニットノも、なんていうか皆さん「のび太のくせに生意気だぞ」って印象だと思うんです。

こんなんじゃイカンなーと思いつつも、モチベーション全然上がんないんで、鼻息の荒い御仁にあやかる気持ちで、問い合わせをかけさせてもらった次第です。

  • *1: 記憶をたよりに書いています。
  • *2: 『今日も給食の野菜を残しました』だとか『がんばって野菜を食べよう』だとか。おいおい、話題は給食だけなのか!とか。

もうちょっと関係ない話をさせてもらうと、タナベさん宅にあった寿司時計がステキでした。

実際に部屋に飾るか?と問われると悩みますが、かなり好きです。

少なくとも、Tの彼女*1にもらった壁掛け時計よりずっといい。

思い返すに、あれはまるで不要品処分の様だった。そういや押入から出してきやがったな、あのアマ。


ともかく。

禅駆動の音については、各所でみられる評価で正しいと思います。*2

マジで良いって事です。

僕じゃ作れないですね。

使い方は各人好みでしょうが、僕は軽く歪ましたアンプに、ブースターっぽく上乗せするのがツボでした。

例えるなら、4ストが2ストになる様な。


IMGP5108.JPGついでに。

タナベさん宅で試奏中、アース不良とも思えるノイズが出ていて、これはその場で手を入れて頂いたんですが、家に帰って試したら再発していました。

中を見させてもらうと、やっぱハンダ浮き。


ハンダをつけ直すのも面倒かったため、内歯ワッシャーをかませて対応しております。

付随的に、外観で唯一気に入らなかったインプット/アウトプットのジャック飛び出し量が軽減されました。

タナベ様、事後報告になってしまいましたが、ご了承下さい。

  • *1: 二重アゴ。
  • *2: 他の皆さまのような、立派なレビューが書けません。

ヤな気配HOMEMacBook Pro

コメント(4)

了承しました!(笑)
お手数掛けて済みませんねえ〜!
でも、サウンドは気に入っていただけたようで嬉しいです。

今日も2台作って発送いたしました。
そろそろ溜まっていたオーダー分が終りそうですよ。

当日は体調がイマイチだったんで、良さがあまり分かんなかった、というのが正直なところです。

今じゃ、弾きだすと止まらなくなるくらい使わせてもらってます。禅駆動。
自室ではToneartsとBoogieと併せることが多いです。
単体でセッティング出来る幅が広いので、しばらく楽しめそうです。

ありがとうございました。

Nobさま

「のぶろグ」には、一番最初、「乳井一彦さん」を検索をして、
「tanabe.tv」へは、「是永巧一さん」か「西条ギター」で検索をして別々にたどり着きました。

その、お二人に繋がりがうまれて、「お〜っ!」
とよろこんでしまいました。

のぶさま
「禅駆動」のコメントありがとうございました。

いえいえ。

なんか最近、人生をやり直しているかの様に仕事ばっかりしています。

「お前はナメた人生を送ってきたから、死刑」(閻魔)
とか言われて、死んでるのに今さら何を!みたいな不条理さを覚えつつも夢から覚めた状態、とでも言いましょうか。
それでも実際は、やたら飲みに行ってますけれども。

とにかくですね。
今月予定していた、『Shigemori Stone Driveと対決する』も未だ実行できて無いし、『エリック・ジョンソンも購入した例のエフェクター(特に名を伏す)と対決する』も口だけだし、よくよく思い出してみればギターの弦すら替えてない状況です。

てな感じでお茶を濁してみましたが、どうでしょう。

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1