つれない彼女

| | コメント(0) | トラックバック(0)

冷たい視線の女王様 最近、スズキはとてもつれなくされている。誰からかちゅ−と、実家の女王カルメン様*1からである。

 結婚してからもちょくちょく実家に通っていたワタシに対して、カルメン様はしばらくは「んもう、最近ときどきいないじゃないの。ちょっと撫でれ。ちょっと遊べ。オヤツくれろ」と、熱烈歓迎ぶりだった。しかし、子どもが生まれて子連れで通うようになると、カルメンの態度が微妙に変わった。「アンタはアタシと同じで子どもが嫌いだと思ってたのに、なんなのよ」といわんばかりのじっとり視線を感じたりした。

 ワタシは子どもが嫌いなカルメンのために、AっくんやイトコのNがカルメンに近づかないように気を使っていたつもりなのだが,彼女にしてみれば「子どもばっかり構って、アタシは放置?」とか思っていたのかもしれない。少しずつ歓迎っぷりがクールになっていった。

 そして先月、決定的な出来事が...!

  • *1: スズキの実家で飼っているネコのこと。ワタシがいた頃は本当に女王様のようにやりたい放題だったが、最近は容赦ない子どもの攻撃にさらされて庇ってくれる人もおらず、大変な毎日を送っているようである。一部ネコ好きの方にはNecintoshのモデルになったネコとして有名...?

 カルメンを予防接種に連れていったのである!!カルメンは「カーッ」と威嚇するものの、肉球からじっとり汗がにじむほどの緊張っぷり。帰ってきてケージから出すと、一目散にワタシの目の届かないところへ去っていった。

 当然それだけでも態度はずいぶんつれなくなったのだが、家人たっての要望で、翌週はさらに「シャンプー」をしたのである。カルメンはワタシが風呂場のお湯を出して出てきただけで勘付いて、そ〜っと逃げ出すほどのシャンプー嫌い。「アンタなんかもう知らないわよ」という雰囲気丸出しで必死で体を乾かすカルメン...。

 おかげで翌週から、カルメンのつれないことといったら、ワタシが家の中から呼んでも入ってこないくらいである。がーん。マイハニー。勘弁しておくれよ〜。

※1 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: つれない彼女

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://suzuqi.net/mt/mt-tb.cgi/63

コメントする

このブログ記事について

このページは、suzuqiが2003年9月24日 07:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不思議な光景」です。

次のブログ記事は「やっぱクリさんでなきゃ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1